大丈夫心配するな何とかなるブログ

夕陽が大好きな男の四方山ブログ

    スポンサーリンク

飛行機に搭乗時持ち込み禁止物は知っておこう!

知っていました?飛行機に持ち込めるもの。持ち込めないもの。

 

旅行や出張などの際、飛行機を利用するとき何がOKでなにがNOなのか?いつも悩んでしまいますよね。

 

初めての海外旅行は特に不安です。色々と持って行きたいものが

自然と増えていきます。

 

 

f:id:m-helene:20190816071050j:plain

空港

 

 

 

飛行機には、「機内に持ち込む手荷物」はもちろん、「搭乗前に預ける手荷物」にも、

入れてはいけないものがあります。

 

なぜならば、飛行機は空を飛ぶからですね。

 

普段の生活で何気なく使っている品物でも「危険物」となります。

 

f:id:m-helene:20190816071127p:plain

持ち物検査

 

 

なぜ、飛行機に持ち込めないものがあるの?

 

 

テロなどの危険を防ぎ、空の安全を守るため、「危険物」の持ち込みは禁止されています。

 

搭乗するまでに金属探知機のゲートをくぐったらアラームが鳴ってしまい、

 

確かめたらポケットの小銭入れやベルトの金具が原因だった、といった経験が

あるかたもいると思います。

 

f:id:m-helene:20190816071322j:plain

身体検査



飛行機に乗るときは、安全上のチェックを受けなければなりません。

 


大きなスーツケースやキャリーバッグ→「預け手荷物」、

 

機内まで持ち込む荷物→「機内持ち込み手荷物」

 

どちらもX線検査機を通します。

 

危険物が入っていないかどうか検査されます。

 

ハイジャックや万一の大事故を防ぐためには仕方がありません。

 

安全のためですから。

 

でも持ち込み不可のものが検査で発見されたら???

 

その「危険物」を廃棄するか、

または別の手段での送付を考えなければならないですね。


旅の準備をする段階から、どのようなものが機内持ち込み手荷物に入れられないか、

また預け手荷物に入れられないかなどを確認しておきましょう。

 

楽しくスムースに出発できるように気を付けたいですね。

 

 

世界共通の基本ルールが定められています

 

航空法や国際民間航空機関(ICAO)の取り決めで決められています。

 

国際線と国内線によって差異があったりします。

 

また、さらに航空会社によって細部が異なる場合があったりしますので

 

航空会社などに確認することをお勧めします。

 

2.飛行機に一切持ち込めないものは?

 

では、どのようなものが不可なのか?

 

爆発のおそれがあるものや燃えやすいもの毒性のあるもの。

 

これは当然ですが機内持ち込み手荷物に入れることも、

 

預け手荷物に入れることも禁止されています。


例えば、

 

〇カセットこんろ用のガスボンベ。スプレー缶は禁止です。

 

〇漂白剤や強力カビとり剤などの酸化性物質

 

〇殺虫剤や農薬などの毒物、自動車用など電解液を用いる液体バッテリーは、万一漏れてしまった場合に、強い臭いや毒性、腐食性などが機内環境に重大な影響を与えるため。

 

高圧ガス系は禁止です!!!

 

f:id:m-helene:20190814233708j:plain

高圧ガス系は持ち込み止です


ライター用補充ガス/カセットコンロ用ガス/キャンプ用ガス

 

引火性液体


オイルタンク式ライター・オイルライター用燃料・ペイント類

 

火薬類

花火、クラッカー、弾薬

 

可燃性物質

徳用マッチ、炭

 

酸化性物質

小型酸素発生器、漂白剤、瞬間冷却剤

f:id:m-helene:20190814233815j:plain

酸化性物質は持ち込み禁止です

毒物類

殺虫剤、農薬

 

その他の有害物件

エンジン・リチウム(イオン)バッテリー

f:id:m-helene:20190814233910j:plain

エンジンなども持ち込み禁止です

腐食性物質


液体バッテリー、水銀、

加熱式弁当等(化学反応により熱を発するもの)

 

放射性物質など

 

例外もあります。

 

※医療用の小型酸素ボンベや、容量がワット時定格量160Wh未満のリチウムイオン電池

 

など、物品によっては、定められた条件のもと、機内への持ち込みまたは預け手荷物の

 

中に入れることが可能な場合があります。

 

持ち込み不可のものは、空港で調べられるのも嫌ですので、準備段階で気を付けましょう。

ペットはどこに乗っているの?

 

犬や猫などのペットはバルクカーゴという機体の一番後方の貨物室です。通常、貨物室

 

の温度は約10℃ですが、ペットが乗っているときには20度前後に調整しています。

 

空の安全を守ることは、快適な空の旅には欠かせないものですね。

 

 

 

 

 

             スポンサーリンク