LuckyBlog

夕陽が大好きな男の四方山ブログ

    スポンサーリンク

ゾゾタウン身売りで前澤社長はどうなる?

ファッションの通販を立ち上げ、一世風靡した、あのゾゾタウンをヤフー(Yahoo)が買収するそうです。

 

ヤフーと言えば、ソフトバンクの子会社です。

提携各社の脱藩?

ゾゾタウンでは、一流有名アパレルメーカーが次々に去って行く状態の昨今でした。

ゾゾタウンと言えば、ゾゾスーツで、現代風の IT技術を利用した採寸方法は画期的でしたね。まさにデジタル時代の申し子。

 

 

f:id:m-helene:20190912092833j:plain

ただ、ネットで販売するデメリットが、出てきたようです。有名ブランドほどその影響が現れる結果となりました。

それは、プライスダウン。売価変更です。

それにより、百貨店や専門店の既存店(リアル店舗)商品との価格差が出てしまう状態になります。

当然ブランディングを確立するまでに、相当額と時間を掛けているわけですので、ブランドイメージ低下と売上向上のバーターには耐えられなくなったのではないかと思います。

それが、老舗の価値。だと思います。売上が安くすれば向上するのは当然ですが、一時期のみで、ブランドを消費者は有難がらなくなります。また、上位のヘビーユーザー(ファン)も去って行くことになります。

ゾゾタウンとしては、ゾゾスーツの開発で

恐らく、サイズ違いの返品率は、激減したことでしょう。

合理的ではありますが、参加メーカーの長年の歴史に培われたいぶし銀のような付加価値を無視してしまってはついて来るメーカーはないでしょうね。

 

私の、知人で、こんな話がありました。

知人は、通信販売の最大手に勤務していましたが、カタログ販売主流の為、サイズ違いの返品が沢山あったそうです。

 

また、色の違いも返品要素が高く、カタログのデメリットでもありますが、インクにより色目が正確に出ないという宿命があります。

この色目が違うことで、「色目イメージ違い」という返品が沢山ありました。

返品率をいかに少なくするか。が業績にも多大な影響がありました。

 

f:id:m-helene:20190912092557j:plain

現在はインターネットの普及により、メルカリやYahooのように個人間売買も様々なIT企業が立上りました。

また、スマホの普及や若者の合理化精神も寄与しているといえるでしょうね。

そんな中、風雲児と言われたゾゾタウンがついに、身売りすることになったのはなぜでしょうか?

 

身売りも1つ企業経済活動だと思います。

起業した会社の価値をドンドン上げる事により、その業界の上位の企業に売却する。

株式会社の、醍醐味でもあり、売却額も驚くような価格になります。

 

一般的に会社売却による売却益を現金で得られるメリット。

自社を経営している時は、解約ができなかった様々な保証などから逃れられるというメリットも社長にはありますから、ホッとする面もあるでしょう。

ツイッターを見てみましょう

買収企業のスタンスによりますが、社長続投ということもあり得ます。

ヤフーはTOBによりZOZOの子会社化を目指すようですね。

 今回のZOZOの前沢社長は退任する模様ですが・・・。

さて買収額はいくらでしょうか?数千億はいくでしょうね。

f:id:m-helene:20190912094228j:plain

創業者はその資金を元に、新たな発想で

新しい業態を立ち上げる事で、また価値を上げていく。好循環になりますね。

私なら、そのお金で旅をしたり好きに暮らしますが。。。^^

 

 前沢社長が夢を語っていたことは実行されるのでしょうか?いずれにせよ勝ち組ですね。

 

 

             スポンサーリンク