大丈夫心配するな何とかなるブログ

夕陽が大好きな男の四方山ブログ

    スポンサーリンク

大豆イソフラボン・たんぱく質の効果は?料理のレシピも?

f:id:m-helene:20190919073804j:plain

一日あたり90mg未満の大豆イソフラボンの摂取は、骨吸収を妨げ、

 

骨形成を活発化する可能性が高いそうです。

 

 

その理由は西洋人より、大豆食品を消費しているアジア人の方が、

 

一般的に股関節部骨折率が低いということからそうであろうという判断のようです。

 

したがって骨粗しょう症の比率が低いということでしょうね。

 

大切ですたんぱく質。

 

大豆食品といえば、豆腐、豆乳、がんもどき、納豆、みそ汁など

 

日常の食生活で必ず一日1回は摂取しますね。

 

 

特に良質なタンパク質やその他の微量栄養素を補える高栄養食材ですね。

 

 

大豆プロテインは、その名の通り大豆から取り出したタンパク質を原料にしています。消化スピードがゆっくりで、満腹感を得られるのが特徴です。また、植物性タンパク質でありながら、アミノ酸スコアは動物性タンパク質に劣らず、利用効率も期待できます。

 

大豆プロテインは、スポーツをしている人の栄養補給はもちろん、運動をしていない人でも摂り入れやすく、タンパク質が不足していると感じたときの栄養補給にもおすすめです。

    :森永製菓プロティンの教科書参照

例えば、凍り豆腐やがんもどきに多く含まれている〈カルシウム〉は、丈夫な骨や歯をつくるために必要な栄養素です。毎日をたのしく元気に、また美味しいものをたくさん食べるためにも日々意識して摂取していきたい栄養素ですね。

スポンサーリンク

 

 

また、納豆や豆乳に多く含まれている〈葉酸〉は、ビタミンB12と一緒に赤血球をつくる働きをします。DNAなどの核酸をつくる原料でもあるため、新しい細胞をたくさんつくり出す赤ちゃんのためにも妊娠中の女性にはぜひ意識してほしい栄養素です。

 

豆乳に多く含まれている〈鉄〉や、納豆、凍り豆腐に含まれる〈銅〉は貧血対策に大切な栄養素です。特に女性はどの年代においても鉄の摂取量が不足傾向にあるといわれ、トレーニングを行う場合は鉄の需要が高まると考えられているので、適正量をしっかりと摂りたい栄養素です。

 森永製菓プロティンの教科書参照

 

 では、毎日納豆はムリという方も特に西日本の方は多いと思いますので

 

レシピをご紹介しましょう。

 

 大豆利用のレシピ

cookpad.com

cookpad.com

 

cookpad.com

www.lettuceclub.net

などなど様々な料理がありますね。

 

 

大豆のハンバーグ美味しそうです🎵

  スポンサーリンク

 

 

             スポンサーリンク