大丈夫心配するな何とかなるブログ

夕陽が大好きな男の四方山ブログ

    スポンサーリンク

マウンテンバイクの楽しみ方と遊び方

f:id:m-helene:20191002205153j:plain

MTBってどんな自転車?

 

自然に戻れる🎵

 

自然と一体になれる、そしてタフな走行性能。

 

 MTBは山道の走行に適した自転車です。

 

 山道と言ってもジープロードと呼ばれるような車が走るような砂利道から

 

 シングルトラックと呼ばれる自転車一台がやっと通れるような細い道まで

 

 道の形状は様々です。

 

 凸凹の山道もスムースに通過できるタフな装備になっています。

 

 

市街地でも活躍できる

 

②山道を走るために設計された機能では、もちろん市街地でも本領発揮!

 

 ロードバイクやクロスバイクで不安や不快な乗り心地を感じたり段差に

 

 神経質になったりして楽しめない状況も多々ありますが、マウンティン

 

 バイク(MTB)ならば快適に移動できます。移動の早さよりも快適さ

 

 を求める人は、断然MTBです。

 

f:id:m-helene:20191002211314p:plain

 

どこで買うの?

 

バイクの買う方法は自転車ショップやインターネット通販があります。

 

筆者のおすすめは、専門ショップで購入されるほうが良いと思いますが、

 

スポーツ車に快適に乗るためのサイズ選び等を知り、

 

割り切って購入するには価格も安く購入できる場合がありますので

 

ご予算に応じて購入するのがベターですが、

 

メリット、デメリットはこんな感じです。

 

メリット

 

◎価格が安いことが多い。

 

◎在庫切れなどが少ない。

 

デメリット

 

◎自転車に関する説明を受けれない。

 

◎体格に合わせて調整されていない。

 

◎試乗が不可能。

 

◎メンテナンススキルが必要。

 

◎困ったときには相談が不可能。

 

◎メンテナンスが受けにくい。

 

 

結論としては、

スポーツ用自転車専門店で購入すべき。

理由)パーツの規格が複雑化している現代のMTB。

 

整備の知識も必要ですし専用工具や設備も必要です。

 

安全と安心のために、ショップでの購入をお勧めします。

 

MTBにはどんな遊び方があるの?

 

イメージは山道のサイクリングです。

 

車や信号機に出くわすことなく、路面も土なので自然そのものです。

 

ときには、押して歩くような場面もありますが

 

自然の中で汗をかいたり、さわで遊んだり、楽しみも広がります。

 

f:id:m-helene:20191002220404j:plain

 

 イベントもあります。

 

登り下りを含むステージでのパワーと耐久力が重視されるクロスカントリー、

 

下りステージでテクニックを駆使してスピードを競うダウンヒルのほか、

 

それぞれのルールに基づいたレースやイベントが

 

各地で開催されていますので参加するも楽しいでしょう。

 

 まとめ

 

MTBは5万~6万円で購入できるものから

 

100万円を超える高級品まで価格帯の幅は相当あります。

 

予算面では無理のないものを購入すればよいでしょう。

 

もちろん、価格と性能は比例します。

 

5万円以下のあまりにも低価格のMTBは要注意と言えるでしょう。

 

見た目はMTBであってもオフロード走行に適していない自転車もあります。

 

安全のためにもスポーツ車専門店で相談しながら購入することをお勧めします。

マウンテンバイクの楽しみ方と遊び方のお話でした

乗ってみたい楽しそう!

まだ早いな!

 

             スポンサーリンク