大丈夫心配するな何とかなるブログ

夕陽が大好きな男の四方山ブログ

    スポンサーリンク

台風19号で関東の川が氾濫した恐怖の夜

f:id:m-helene:20191013075611p:plain

 

f:id:m-helene:20191012232419p:plain

60年ぶりの台風なんて、ほぼ初めてと変わりません。

その名前は「ハギビス」

60年前に甚大な被害をもたらした「伊勢湾台風」の被害との類似していると言われる。

愛知県だけで死者・行方不明者3300人以上に及ぶ大惨事となった。

 

どれだけすごいのか?Twitterで見てみましょう。

 

 

 

これは酷いですね。

新幹線の水没まで見たのは初めて。被害は甚大です。

災害時における住民のみなさんへの避難の呼びかけには、「避難準備・高齢者等避難開始」、「避難勧告」、「避難指示(緊急)」の3種類があります。

※令和元年6月5日から警戒レベルを付記することとなりました。

この3つの違いを説明します。
危険度や切迫性は、避難準備・高齢者等避難開始→避難勧告→避難指示(緊急)の順に高くなります。

 

警戒レベル3【避難準備・高齢者等避難開始】
避難が必要となるような災害が起こると予想されるとき。
地域の皆さんが、速やかに避難できるよう準備をうながします。

また、避難に時間がかかる方には避難行動※をうながします。

警戒レベル4【避難勧告】
安全のため、早めの避難をうながす時に出されます。
拘束力はありませんが、必要に応じて早めの避難をして下さい。

 

警戒レベル4【避難指示(緊急)】
火災・洪水などにより著しい危険が切迫している時に出されます。
垂直避難する、親類の家に避難するなど、すみやかに避難して下さい。

避難勧告等の発表については、市の広報車や防災行政無線等により該当地域に広報します。
また、災害情報配信サービスにおいても広報します。

 避難情報の発表とあわせ、公民館や小学校の体育館等に避難所を開設しますので、そこへ避難しましょう。風水害の場合は、各地域の地域公民館(予想される災害によっては市立小学校)を優先して開設します。

 

※避難行動とは、早めに親戚などの家に移動する。

または、危機が迫った場合の命を守る行動として、洪水時に、自宅の上階に避難する垂直避難を指します。

 参照:岐阜市のHP

 

 

 

 

あまりにも酷い状態。多摩川。 堤防反対がたかが景観のためだとしたら、こんな悔しいことはないですね。

 

今回の被害には言葉が出ません。

甚大な被害を受けた皆様にお見舞い申し上げます。

早く生活インフラの復旧を望みたいです。

             スポンサーリンク