LuckyBlog

夕陽が大好きな男の四方山ブログ

    スポンサーリンク

生きること 息を吐き続けることはツライこともあるよね

f:id:m-helene:20191117080704p:plain

 

生きることってどういう事なんだろうと思っていたことがある。

 

生きることは活きること。

 

「活」という字の意味。

 

  1.  生きること。生きていること。「死中に活を求める」

  1.  気絶した人に意識を取り戻させる術。

  1.  活発なこと。生き生きしていること。

 

死中活有。の意味

 

絶望的な状況で、生き延びる道を探すことのたとえ。 転じて、窮地の打開策として、あ

えて危険な道を選ぶことにもいう。と書いてある。

 

そうだ、まさにこれだ。と思った。

 

今の自分は生き延びるための道を探しているのだ。すべての経済活動、社会生活という

ものは生き延びるための活動。

 

「本能なのだ。」

 

その本能の中で、喜びや楽しみ悲しみが織り重なったものが人の人生。

 

息を吐くことは、息きる。生きることのように思う。

 

赤ん坊が生まれるとき。

 

母親の羊水の中でいた。肺呼吸をしていたかどうかは知らない。

 

しかし、生まれたとき、明らかに「オギャーッ」と泣く。

 

これは息をはいているのではないだろうか・・・。

 

そうなのだ。生まれるときって息を吐くのだ!

 

そうして活きる。息きる。生きる。

 

そういえば、父親が亡くなったとき、医師は「息を引き取りました」といった。

 

父親は産まれたときに吐いた息を死んだときに引き取るのだった・・・。

 

生きることって息を吐くように出すこと。与えていくことなんだよ。与え続けること、それが大切だよ。

だから亡くなるときは与えたものを引き取るんだね?

そう。人の魅力っていかに与えるか。「魅は与によって生じ求によって滅す。」というからね。

             スポンサーリンク