LuckyBlog

夕陽が大好きな男の四方山ブログ

   スポンサーリンク

新型肺炎 世界の発生状況はどう? 感染した受験生への対応は? SNSの反応は?

 

 

日本政府のチャーター機で武漢市から日本人565人が帰国したが、そのうち8人が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。

 

この数字は1.4%。

 

中国に当てはめると 人口14億人なので×1.4%(感染率)掛けますと2000万人が新型肺炎にかかっても不思議でないと言われています。

 

 

先の1月23日に封鎖される前に武漢市から来日した中国人の数は1.8万人に上ると報告されています。

これに1.4%(感染率)を掛ければ、250人以上の新型コロナウイルス感染者が日本にやってきたことになりますね。

新型コロナウイルスの日本での感染率(1.4%)が中国と同じだと仮定すれば、日本全体で170万人以上が感染することになる恐ろしい数字になります。

 

飛沫感染はどうやって感染するの?

 新型コロナウイルス感染症(新型肺炎ともいわれています)がどのように感染するかについては、現時点において飛沫感染と接触感染の2つが考えられます。

2メートル離れるようにというのは、飛沫感染と接触感染を防ぐ意味では合理的です。

 

飛沫感染は、感染者のくしゃみや咳、つばなどの飛沫と一緒にウイルスが放出され

そのウイルスを別の人が口や鼻から吸い込み感染することです。

マスクはお互いに必要です。

 

主な感染場所は?

 

学校や劇場・満員電車などの人が多く集まる場所です。ショッピングセンターや

モール、ファッションビル・百貨店などは気を付けなければなりません。

お子様連れの人や高齢者は最新の注意をすることです。むしろそのような場所にはいくべきではないでしょう。

www.kaku8.net

 

接触感染とは?

感染者がくしゃみをする、咳をする、それを手で押さえる。

その手で回りのものに触れて、ウイルスが付き別の人がそのものに触ってウイルス

が手に付着するという悪循環になります。

電車やバスのつり革を持つことは厳禁です。またドアノブ、スイッチなども要注意です。

その手で口や鼻を触って粘膜から感染します。

 

感染しないためには過剰に心配することなく「うがい」「手洗い」「マスク着用」をきちんとしましょう。

 

f:id:m-helene:20200206011657p:plain

マスクは、咳とかくしゃみによっては飛沫やそれらに含まれるウイルスなどの

病原体の飛散を防ぐ効果があると言われていますので咳とかくしゃみのある人は積極的にマスクをしましょう。

その一方で、予防用マスクを着用することは、混みあっている場所や屋内や乗り物など喚起が十分でない場所では感染予防としての機能はありますが屋外などでは相当混みあってないところではマスクを着用することによる効果はあまり認められていません。

 

咳とか発熱などの症状のある人に近づかない、人込みの多い場所に行かない、手指を清潔に保つといった感染予防を優先的に行うことがいいようです。

 

スポンサーリンク

クルーズ船ダイヤモンドプリンセスの現状は?

f:id:m-helene:20200206223758j:plain



 

ニュースでも見ますが、この現状で、神奈川・横浜で足止めされている大型クルーズ

船「ダイヤモンドプリンセス」乗客乗員に行われた検疫では発症の症状がある人が10人いました。ウイルス検査を行いこれまでに31人の結果が出たのです。そのうちの10人なので3割の人が感染していたということです。かなりの確率です。

13日間停泊になるそうです。しかも船内の移動は禁止。実際船の中なので濃厚接触

しているはずです。潜在的に新型肺炎に感染している人はもっと存在していることでしょう。

www.princesscruises.jp

 

受験生に対しての文科省の判断および要請

f:id:m-helene:20200206012020p:plain

 

文部科学省は4日までに、全国の国公私立大に対し、受験生が新型コロナウイルスによる肺炎に感染したり、感染の疑いがあったりする場合は、個別入試の代わりに大学入試センター試験の成績で合否判定するなど、柔軟に対応するよう文書で要請しました。

文書は1月30日付。受験生の進学の機会を確保するためで、試験日が複数ある場合、出願した日程とは別の日程での受験を許可することも選択肢だとした。対応を決めた場合は速やかに公表するよう求めています。参照:文科省HP

 

厚生労働省作成

f:id:m-helene:20200206004714p:plain
f:id:m-helene:20200206005416p:plain



実際世界の現状の発症状況はどうなの?

最新の状況を見ていきましょう。やはり発生源の中国は圧倒的に感染者数は多いですが

この数字も本当なの?と疑いたくはなります。

 

気が付かれた方はいらっしゃると思いますが番目に多いのが日本です。なんと香港よりも多いのです。死亡者は幸いにもいませんが、国の初動が遅いと批判されても仕方がない気はします。

国外の発生状況について(2/4現在)

国名 感染者数 感染者数の内死亡者数
中国 24,324人 490人
香港 17人 1人
マカオ 10人 0人
台湾 11人 0人
タイ 25人 0人
韓国 16人 0人
米国 11人 0人
ベトナム 10人 0人
シンガポール 24人 0人
フランス 6人 0人
オーストラリア 13人 0人
マレーシア 10人 0人
ネパール 1人 0人
カナダ 4人 0人
カンボジア 1人 0人
スリランカ 1人 0人
ドイツ 12人 0人
アラブ首長国連邦 5人 0人
フィンランド 1人 0人
イタリア 2人 0人
インド 3人 0人
フィリピン 2人 1人
英国 2人 0人
ロシア 2人 0人
スウェーデン 1人 0人
スペイン 1人 0人
ベルギー 1人 0人
日本(令和2年2月5日12時現在) 19人 0人
合計 24,535人 492人

 

最新のSNSの反応は?

 

***************************************

追記(私感)

「上医は国を医し、中医は人を医し、下医は病を医す」

 このような大変な時期、良い医者(上医)になって欲しいものです。誰に?政治家にです。国会中継を見ていても上医とは全く言い難いですね。野党も残念です。

そしてこの状況にすらまだ中国は尖閣諸島領海侵犯しています。

 

最後までお読みいただき有難うございます。クルーズ船では乗客は高齢者の方が多いようで国が持病の薬を調達したりと大変なようです。部屋からも出れない様子ですが船内パンデミックの発生を阻止するためにはお気の毒ですが仕方ないでしょうね。

 

 

今こそこの本に書いてあるマインドが必要だと思う。一読すべし!!!